水素水の正体

水素水は、一般の水よりも水素分子が多く含まれている水のことを差しており、医学的には水素豊富水とも呼ばれています。通常の水は化学式で「H2O」になりますが、水素水はさらに水素が豊富に含まれた状態です。水素水の期待できる効果として、まず活性酸素を除去する働きがあるといわれています。毎日生活していると食生活の乱れやストレス等により悪性活性酸素が発生しやすく、これが原因で体内にある細胞を錆びさせて老化させてしまいます。

水素水を取り入れることにより、この悪性活性酸素と水素が結びつき無害な物質に変えるといわれ、体の健康を意識している人から多く注目され始めているのです。バランスの良い食事等によっても活性酸素を除去する働きがありますが、水素水が優れているのは、善玉活性酸素とは結びつかずそのままにしてくれるため、身体にとって必要な活性酸素まで奪う事がないのです。



水素水を選ぶポイントは?

毎日飲んで大丈夫なのかと不安な方もいるかもしれませんが、水素水は健康食品の部類であるため、過剰に摂取しすぎなければ特に問題ありません。あまりにも飲み過ぎてしまうとお腹が緩くなってしまう事もありますが、基本的に副作用などはなく普通の食事をするような感覚で毎日摂取する事ができます。健康を意識して水素水を飲む場合は、濃度に注目して選ぶことが大切です。低い濃度だと通常の水とほぼ変わらず、期待できる効果が実感できない可能性があります。

水素水の濃度基準になるのは、蒸気圧の限界値のものが1.57ppmとなっているものが良いでしょう。また、製造の時の水素は濃度が高くても、パッケージの仕方によっては逃げやすく飲む時には濃度が低くなっている場合もあります。そのため、飲む直前までしっかりと濃度を保っている商品なのかを調べた上で購入しましょう。なお、サーバータイプや水素水生成器を購入すれば自宅で手軽に高濃度の水素水を飲むことができます。より手軽・安全に水素水を飲もうと考えている場合は生成器の購入がお勧めです。



高い健康効果が期待されている水素水

誰もが老いを感じる事無く、健康で長生きしたいと願うものですが、生命を維持していくために欠かせないのが、水です。私達人間の体は約60%が水で出来ていると言われているため、健康な状態を維持し続けるためにも、水選びは非常に重要です。こちらでは、高い健康効果があると期待されている水素水についてご紹介します。

美容や健康への効果が期待されている水素水について

年齢を重ねる毎に人間の体は少しずつ錆びついているといわれ、その元凶とも言えるのが「活性酸素」です。私たちは無意識のうちに呼吸を行い、酸素を体内に取り入れています。その一部が物質と反応する事で活性酸素に変化してしまい、結果として肌のシミやシワといった老化現象を招いてしまうのです。最近の研究では、活性酸素が動脈硬化やがんなど多くの生活習慣病を引き起こす可能性が指摘されるようになりました。

そのためアンチエイジング対策を意識する人が増えてきており、その中で注目を集めているのが水素水です。水素水を毎日の習慣として愛飲し続ける事で、体内の質の良いミトコンドリアが増加し細胞活動が活発化するといわれ、体の内側からキレイになれると女性誌をはじめとしたメディアで話題になっています。また、水素水を飲むことで期待できる効果は、美容だけではありません。健康効果にも期待がよせられており、体内に多く水素を取り入れることによって余分な活性酸素が除去されると期待されています。その結果血液がサラサラになり、代謝が良くなるために便通やダイエットにも良い影響をもたらすのではないか、と考えられているのです。水素の医学的効能を実証した論文もいくつか発表されており、水素水は今後一層、健康効果に対する研究が進んでいくでしょう。



より上手に水素水を取り入れるための効果的な飲み方

健康ブームにのって水素水を買って飲んでみたものの、なんだかいまいち実感がなく悩んでいる方はいませんか?それはもしかすると、間違った飲み方をしているからかもしれません。せっかく健康や美容に良いといわれているのに、間違った飲み方をしていては非常にもったいないです。ここでは、より効果を実感するためには水素水をどんな風に飲むと良いのか、詳しく紹介していきます。

水素水の効果的な飲み方

まず、自分がどのような目的で水素水を飲むのかによって、飲むタイミングは変わってきます。ダイエット目的で飲みたいという場合は、日々運動を取り入れている方も多いでしょう。その場合は、運動を行う直前に飲むようにすると良いといわれています。激しい運動でも活性酸素が発生しやすいので、水素水を飲むことにより悪玉活性酸素と結びついて無害な水にしてくれ、身体が錆びにくく疲れを感じにくくなる効果が期待できます。

健康維持や、今糖尿病などの生活習慣病で困っていて健康をサポートする目的がメインな場合は、1日3回に分けて飲むのがお勧めです。特に1日を均等に分けて、朝、昼、晩で飲むと良いでしょう。身体に水素が取り込まれるのは水素水を飲んだうちの20%程度と言われ、もし悪玉活性酸素が多く発生している時には、それ以上の量が体に取り込まれる事になります。そのため、一度に大量の水素水を飲むよりも、何度か回数を分けて都度飲んだ方がより自然に悪玉活性酸素を減少させる事が期待できます。



水素水スティックの種類・特徴とお勧め商品

できる限り高濃度な水素水を飲みたいと思った時には、水素水スティックを利用するのが便利です。ただ、どんな商品を購入するかによって機能や特徴が多少異なります。効率良く高濃度の水素水を身体に取り込むためにも、どんな違いがあるのか、またお勧めの商品について知っておきましょう。

種類・特徴とお勧めの商品

水素水スティックは、まず大きく分けて2種類があります。従来からあるタイプでは、ゆるやかに水素を発生していくため濃度が1.0ppmになるまでにも時間がある程度必要となっており、生成されるまでに8時間程度の時間が必要です。最新型は、マグネシウムにアルミニウムを混ぜて作られ、短時間で大量の水素を発生させる事ができます。8時間も待つ必要がなく、濃度も非常に濃いものができるのが特徴です。

新しく発売されている商品はどんどん短期間でより高濃度・高品質な水素水が作られるようになってきていますが、その中でもお勧めなのが株式会社E&Iの「H2365携帯用水素水生成器」です。利便性が高く難しい操作などもない使いやすい水素生成器で、ポータブルで持ち歩きしやすいため会社や出張先、旅行先まで持って行く事ができます。生成時間も、わずか2分あれば900ppbから1200ppbほどの高濃度の水素水を作る事ができます。水素水を飲みたいと思った時にすぐ作ることができ、品質の良い作り立ての水素水をすぐ味わえるのが他の商品にはない最大のメリットとなっています。



アルミパウチ水素水の種類と特徴を知ろう

水素水を導入する方法は多々ありますが、手軽に購入したい、まずは少ない量から始めたい、という方には市販のアルミパウチ容器に入った商品が便利です。ただ、アルミパウチ容器に入った商品も容器や容量にそれぞれ違いがありますので、じっくり比較して良いものを選びましょう。

それぞれの違いを知ろう

アルミパウチ水素水も商品により形状が違いますが、まず、種類としてはアルミパウチ容器にも飲み口のついていない「完全密封型」と、「飲み口のついたタイプ」があります。飲み口のついたタイプは、キャップを開けたらすぐに飲むことができるため、持ち運びや手軽に利用できるのがメリットです。ただ、開封するとその部分から水素が漏れてしまう可能性がありますので、少しでも水素を多く摂りいれたいという場合には開封するタイミングに注意が必要です。飲み口がついていない「完全密封型」であればそうした心配はなく、未開封の状態であれば高濃度の水素を維持することができます。

ただ、やはり持ち歩くとなると飲み口のついていない容器の場合は持ち運びもしにくく、飲み切れなかったときに困ってしまいますので、それぞれ用途に合わせて使い分けていきましょう。水素水は水素が抜けやすいため、開封後はできるだけ早く飲み切りたい所ですが、商品によって容量も250、350、500mlなどが用意されています。一度に飲む量を考えた上で、飲み切れるサイズを購入すると、高濃度で含まれている水素を無駄にすることなく摂取できるためお勧めです。



今注目を集めている水素水生成器を取り扱うメーカー

アスリートや芸能人の間で、愛用者が急増しているものといえば「水素水」です。美容や老化防止に加え、活性酸素を体外に排出する効果が期待されています。水素水ブームが来たことで、鮮度抜群で濃度の高い水素水を自宅で簡単に作れる時代になりました。ここでは、今話題になっている水素水生成器を取り扱っているメーカー、「株式会社E&I」についてご紹介致します。

2種類の水素水生成器を取り扱う「株式会社E&I」

株式会社E&Iでは、「H21500水素水生成器」と「H2365携帯用水素水生成器」を取り扱っています。「H21500水素水生成器」はスイッチを入れた後10分程度で、約1000ppbもの水素水を作る事が出来るスグレモノです。濃度、純度共に高いため、市販されているものに比べて遜色のない水素水だと言えます。

「H21500水素水生成器」は、高分子電解膜(PEM)を採用しているため蒸留水をはじめ、あらゆる飲用水に対して使用出来るのが魅力的です。還元力が強いため、pHは中性を維持し続けますので安心して飲むことができます。「H2365携帯用水素水生成器」はポータブルタイプです。

自宅のみならず仕事先や旅行先にも持ち運ぶ事が出来て、いつでも簡単に水素水をチャージする事が出来ます。2分という短い時間で水素水溶存量900~1200ppbという、非常に濃度の高い水素水を作れるため、世代や職業問わず愛用者が急増しているのが特徴的です。健康維持にとってプラスの効果が期待出来る水素水を多く摂取して欲しいとの思いから、株式会社E&Iでは顧客満足度の高い商品をよりお求めやすい価格で提供しています。



市販されている物とは違う?天然の水素水とは

天然と聞くと、自然からそのままの状態で人工的に手を加えていないというイメージが湧きますが、一般的に自然から採水された水には水素成分を多く含んでいる水が存在し、その水を天然水素水と呼んでいます。市販されている水素水とはどう違うのか、その違いや特徴などについてご紹介します。

天然の水素水の特徴

濃度が高い水素水を作り出す上では、電気分解を行い水素を取り出し、それを水に溶け込ませる手法で製造されるのが一般的です。天然の水素水とは、そういった水素を取り出す作業も必要とせずに、元々、豊かな自然環境の中で採水した時点で水素濃度が高い水のことを言います。確かに日本全国各地の様々な場所で採水される水の中には、水素成分の濃度が高い水が存在するのも事実です。

厳密にいえば、水素成分の濃度が高い水は酸化還元電位が低い水であると言い表すこともでき、それはナチュラルミネラルウォーターなどが該当します。酸化還元電位が低いと、それを飲んだ時に体の中の酸化を促す成分と絡み中和され、酸化を促す成分を除去することが可能と言われているのです。例えば山の高地などで湧き出てくる湧き水などは酸化還元電位が低いため、それを飲むことは天然の水素水の特徴である体の酸化自体を抑制させることができるとされます。

また、天然の水素水には、水素水としての効能だけでなく、体の健康にも必要となるミネラル分などが豊富に存在するという特徴もあります。つまり、天然の水素水を飲用するだけで体の酸化を防ぎ、しかも必要なミネラル栄養分を補給できることで一石二鳥の効果をうみ出し、健康維持に役立てます。